スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VB on ファンタシースター感謝祭2014!

VB's logをご覧の皆様、こんにちは!

  ファンタシースター感謝祭2014

6月から始まったファンタシースター感謝祭2014
大盛り上がりの8月の決勝大会で幕を閉じました。
ブログをご覧の方で「行ったよ!」という方も多いのではないでしょうか。
どの会場でも新情報があり、追いつくのも大変な三ヶ月でしたね!

祭り好きの当チームメンバーも現地へと足を運び、気がつけば各会場を制覇!
やるじゃん、意外とフットワークの軽かったVB!

行った人も行きたいけど行けなかった人にも。
全6回(1ダウト)の感謝祭リポートをお届けします!



東京会場(幕張メッセ) 2014年6月15日(日)

T305アイコン リポーター:T305

感謝祭スタートの東京会場からは新たな発表もたくさんありましたが
せっかくなのでニコ生やまとめ情報に載ってないお話で
こんなイベントだったよ!楽しかったよ!をお伝えしたいと思います。

とはいえ、まずはギリアムさん=等身大レイキャストステキー!

   ギリアムさん!

これは外せない。(真顔)
フロントもいいけど背面からの眺めがまた…舐めるように撮影開始。

   /la cam

 ウィスさん「パパ見つけましたけど、撮影に夢中なんでもう少しほっときましょう」
 ※ 初対面

ちなみに後で確認したらレイキャストと設定画の写真ばっかりで
ヴォルとアームの写真を一枚も撮っていませんでした。
会場の様子、もうちょっと撮っておけばよかったなあ。

設定画はいろいろ撮りましたので一部をぺたり。

 ちぇいどらーけん!
  ▲愛用ロッド「チェイドラーケン」設定画

 まざーしっぷ!
  ▲この頃は出たてほやほやマザーシップ

ところで本会場のハガル交流スペースはちょうど会場の中央でした。
つまり。

/toge ハガルが世界の中心…!!!

と思いきや

中央=ステージ正面につき生放送が始まってしまうと人波に
埋もれてしまい、スペースに近づくことすら難しい包囲状態に。
おかげで後半はラクガキも増えてなかったよ!
このあたりハガルっぽいといえばハガルっぽいかな?

この日はウィスさん、飛雪ちゃん、その他にもオラクルでお馴染みの面々と
直にお話できて「そのままだー!」「意外だー!」等々ひとしきり盛り上がりました。
この東京組がオラクルに戻り楽しかった!いろんな人に会えた!また行きたい!などと
ワーワー騒いだ結果、各地の参加が加速したような気がします。

去年ニコ生で見ていたときは「なんて長丁場なんだ…」と思ったものですが
一度入場して入場章のリストバンドを貰ってしまえば出入り自由。
なのでステージプログラムも見たいのだけ見て離脱したり、好き勝手できるよ。
外でご飯食べて戻ってきたりもできて、案外ゆる~い感じのイベント。
内容をしっかり確認するならネットの方がいいくらい。
ステージ見ている間で一番歓声が上がったのは「バーチャロン」と「ダンボー」だったような気がする…な。※個人差があります

でも

ステージに上がることなく会場を歩いてる人のコスプレが
異常に完成度高かったり、面白かったり、過去シリーズ作品愛だったり
そのへんに酒井さんや一太郎さんがフツーにいたり
そこかしこでロビアクしてたり、当たり前だけど皆PSO2の話してる。
ここにいる人達、全員アークスなんだってライブ感は行かなきゃわからない!

物販目当てでなければ構えなくても案外ゆるゆる過ごせちゃったりしますので
もしまた次回があって行ける場所なら出かけてみてはいかがでしょう。
私はこの後、決勝大会・有明コロシアムにも出かけてしまいましたw

   らっぴぴ

ほんとに楽しかった!
ありがとう感謝祭、ありがとうアークス。そしてこれからもよろしくPSO2!




大阪会場(インテックス大阪) 2014年6月21日(土)

リポーター:kaltz

こんにちは!こんにちは!どーもkaltzです!
唐突ですが、チャロンコラボよかったですね!正に私も通天閣よろしくSSとりました!
身長200オーバーの私でもこんな感じに映っちゃう!宇宙広い!大きい!


pso20140812_002658_007.jpg

ということで、過ぎ去りし6/23大阪会場にいってきました!いしきりんかわいかった!僕もかわいいかった!
東京から続き2回目ということもあり、新情報も色々目白押しでした。


EP3に伴う新惑星「ハルコタン」


きました「和」!"白の民"と"黒の民"がいるということでウチの鄙と京のイメージもぴったり!
DF【双子】が繰り出す玩具系ダーカーにテンヤワンヤ!ストーリーもEP2から盛り上がりつつあり、
その流れで色々細かい部分を期待したいですね!
まぁマターボードはkaltz以外は2枚目止まりですが・・・



その他調整


アクセ枠追加、位置調整、クエスト関連だとクロト調整とかありましたね!色々楽しみです!面倒になってないです!
枠です!枠の都合上ということにして許してください!
サッカー復活させたいって言ってたの期待してます!サッカーしましょう!
みんなでワイワイサッカーなう!しましょう!



まとめ


丁度DDoS攻撃によるサービス停止中における唯一の会場となった大阪でしたが
会場ではそんなことおかまいなしに熱気は凄まじく虚弱体質の私は尻込みするほど盛り上がっていました。
SNS等でも復旧を望む声がよく上り大変な時期であったと思いますが、
運営から生の声が聞けたという意味で本当によかった感謝祭でした!
たまには真面目な事を言おうとして何が言いたいかわからなくなる典型的なパターンなんでこの辺りにしておきます!


またオラクルでお会いしましょう!



おまけ


会場内で唯一とった写真です。
いつも仲良くさせていただいておりますおっさん農協の字幕屋さんと焼肉にいきました!
ありがとうございます!寝不足と人見知りで余り話せませんでしたがおかげで爽やかマンと思われたようで何よりです!
つぅか会場内でもないですね!


BuxWiYQCQAAJaDc.jpg




福岡会場(虚数空間【ボイド】) A.P.??? 6/28

01_20140821024703d17.jpgリポーター: ハルシャ

この物語はフィクションである。しかし、この全てが虚構であるとは限らない。


「暑いな……」

 そういう言葉を呟いたのは今日になって大体10回目だ。まだ本格的な夏にはなっていないものの、今年の6月末は異様なまでに蒸し暑い。気温はそれほどでもない。日差しがそれを物語っている。しかし、湿度は異常だ。梅雨があけたというのにこの湿度はないだろう、そう思わずにはいられない。

 駐車場の脇の自販機で買った ペットボトルのジンジャエールの蓋を回し、開ける。ぷしゅっという炭酸が抜ける音とともに、ペットボトルの飲み口がうっすらと白く煙る。
 それを軽く口に含む。冷たさと炭酸の刺激、それとちょっぴりのショウガの味……そのバランスが茹だるような暑さの中、絶妙に心地いい。

「さてと……」

 私は心配性な性格だ。もう目の前に目的地は見えているというのに、“念のためだ”とスマートフォンで会場を再確認してしまう。どうにもこういう癖は抜けないものだ。
 西日本総合展示場は北九州市小倉にある大型の多目的展示場だ。今回のイベントだけでなく、様々なイベントが行われている施設だ。

「お、見えてきたな」

 思わず口をついて言葉が出る。こういう癖が私にはある。ついつい、テンションがあがったときには声がでるのだ。
 しかしそれも無理からぬことだと自分に言い聞かせる。何せ今日はPSO2感謝祭なのだ。

 ややすると入場待ちと思しき列が見えてくる。そそくさとその最後尾につける。これくらいならそれほど入場までに時間はかからないだろう。それほど多くの案内係がいるわけでもないのに、しっかり列を作りあげるのは日本人のお家芸だ。
 今日は曇りだ。気温はさほどでもないが、雨が時折ちらつくらしく、湿度が高い。

『いやな天気だなあ』

 私は一人バッグから取り出したハンカチで汗をぬぐった。入場できるまでにはもうしばし時間がかかりそうだ。
 ツイッターを眺めつつ、列を進んでいると入場までもうすぐといったところにまで来ていた。

『お、以外と早いな』

 飯屋のように席が決まっているわけでもない。直に入れるのは分かっていたが思っていたよりも早い。

「こんにちはー」

 スタッフのややけだるそうな声。それもやむない。この暑さだ。文句を言う筋合いでもない。
 軽く会釈だけして来場者特典を貰う。ネックストラップに、アークスカード、それと団扇だ。この暑さで団扇はありがたい。手持ちの扇子もあるが、ここは感謝祭だ。感謝祭らしく記念品の団扇を使うのが粋というものだろう。
 パタパタを団扇を扇ぎつつ、会場に入っていく。

「おお……」

 まずは感嘆の声が漏れる。ぱっと目につくのは巨大なヴォルドラゴンとファルスアームだ。キャストもかなり大きく、これも次いでだが目を惹く。

『よく出来てる』

 ゲームの通り、とまではいかないまでもかなりの精巧さだ。圧倒されるような迫力がある。

『でもなんでこれ作ったんだろ?』

 正直、ヴォルドラよりもコ・レラちゃんが見たかった、と思ったりするが、それは口には出さないでおこう。
 さて、まず何から回ろうか……そんなことを考えながらブラブラと歩き始める。人は多いが歩けないようなことはない。

『しかし会場も暑いな……』

 室内で一応冷房は効いてはいるが、それでも人も多ければ会場も広い。さして効果は無いように感じられた。

『ま、まずは物販かな?』

 物販は売り切れる可能性が一番あるものだ。荷物をなるべく増やさないことを考えると正直いって後に回したいところだが、欲しいものが売り切れてしまっていては意味がない。
 戦いは常に先手必勝なのだ。他のアークスと差をつけるならば、先に動く、これしかない。

『とはいったものの……』

 毎度の寝坊によってあんまり会場に早くつけたわけではない。物販コーナーは人でごった返していた。

『参ったなぁ』

 人混みはあんまり好きじゃない。ましてこの暑い中だ。好き好んでこんな人の群れに入るのは誰だって嫌だ。私だって嫌だ。

『うーんしかし……今買わないとマズイよなぁ……』

 これは言うならば人生の縮図だ。暑くても並んで買うことにベットするか、多少待って空いてきても欲しい物が無くなっていないことにベットするか……単純だが実に難しいギャンブルだ。

『ここは……』

 そして気づけば、結局私は物販に並んでいた。

『まぁこうなるわな』

 私は物欲が強い。とにかく強い。欲しいものは手に入れる……これは一種の哲学だ。手に入れずに後悔するか、手に入れて後悔する、私が選ぶのは後者だ。手に入れてから考えればいいのだ。

『しかし人が多いな……』

 世の中私と同じように物欲にまみれた人間は少なくないということだろう。人は他人よりどこか優れていたいと思うものだ。その手っ取り早い方法の一つがこの『物を手に入れる』ということだ。人よりレアなものを持っているというのは不思議なことにそれだけでどこか心を満たしてくれる。だからこそ人は求めずにはいられないのだ。物を。

『さて……』

 実は今回のお目当ては決まっている。リリーパ族つままれキーホルダー……これだ。リリーパ族といえばPSO2のネタキャラ代表の一つだ。きも可愛い、ならぬ、イラ可愛い、だと私は思っている。

『あそこか……』

 やや先にキーホルダー関連がおいてあると思しきコーナーを見つける。だがそこまでに結構人が多い。

『やれやれ……』

 こればかっかりはどうしようもない。ひたすらに待つ。果報は寝て待て。いや、この場合は立って待てだ。
 やがてキーホルダーコーナーの前に到着する。

『あー……これは……』

 目の前にあるのはラッピーつままれキーホルダー……それだけだ。

『なんてこった』

 どうやら私はマズイ方にベットしてしまったようだ。
 ここはキーホルダーコーナー。そしてここにあるのはラッピーつままれキーホルダーのみ。そこから見いだされる答えは一つだ。

『売り切れたってことか……』

 このギャンブルは私の負けのようだ。がっくりと力が抜けるのが分かった。リリーパには多少なりとも思い入れがある。それは、PSO2ゲームないでネタキャラとして利用頻度が高いからに他ならない。メインのハルシャならまだ小さくて可愛い感じになるが、サブの巌になるとゴツイ巨大生物と化す。
 そしてその巨躯から繰り出す『ロビーアクション ライトを振る3』は他を圧倒するウザさだ。ウザ楽しい。そういうジャンルだ。

 そのリリーパがキーホルダーになっているのだ。これを逃す手はない。むしろ、これを手に入れるために来たといっても3割くらいは正解だ。それだけに落胆は大きい。暑さも相まって、私は気が遠くなるような気分だった。

『まてまて……落ち着け』

 まだ他に欲しいグッズはある。ここで倒れている場合ではない。他の欲しいものはなんとしても手に入れる。それがアークスたるものの勤めだ。

『よし……他のはなんとか買えそうだぞ……』

 一通り欲しい物を手にしてレジに向かう。

「お会計、56480円になりまーす」
「……61500円からお願いします」

 少し……買いすぎたかもしれない。落胆は時に人を狂気に走らせてしまう。失ったモノをさらなるモノで補う。人の空しい連鎖。

『ふぅ、満足満足』

 だが満足しているならそれでいい。それもまた人が背負うべき業なのだ。
 戦利品を確認しつつ、次の目的地に移動する。

『次はこっちかな』

 アークス訓練所……これだ。それほど動くアトラクションではないにしても、何かしらをやるのだ。ご飯は後から休みがてら取るとして、まずはここになる。

『結局並んではいるが……』

 並べてある品物を取っていかないといけない物販に比べて、こっちは列がしっかりしている。ごった返す、という状態では
ない。暑さもほどほど。

『理想的だな』

 ジンジャエールを一口あおり、列に並ぶ。物販で火照ったからだがほどよく冷えるのを感じる。目的の物が買えなかった傷も多少癒える。

『そういやあんまり調べてなかったな……何があるんだ?』

 少し背伸びをして、コーナーを見回す。

『なんか色々あるみたいだな……』

 ぱっと見た感じ、訓練所は祭でよく見るようなアトラクションをPSO2仕様にしたように見える。

『なるほど。これなら敷居も低いし、なんとかなりそうか』

 訓練所、などと大々的な名前をつけているのだから、テクニックを使えるようにはなれないものの、ソードを振り回したり、アサルトライフルを撃てるようなものも多少は期待したが、それは無理な注文というものだろう。

『いや、実際そんなアトラクションあっても身体がついてこないだろーけど』

 とそんなアトラクションだったらどうなるかを妄想している間に順番が回ってきたようだ。

「こんにちはー。一回500円でーす」
「あ、はーい」

 可愛い声の人だ。と思ったが、それ以上は何も言わないようにするのが吉だ。
 アトラクションは、デコルマリューダ落とし、バレットボウ超特訓、ラッピー捕獲任務、ドゥドゥ討伐クエストの4種類が用意されているようだ。

『単純だがこれはなかなか……』

 結果が良いと何か景品がもらえるとのこと。これは気合いが入るというものだ−−−−−−−−−−−−

『ドゥドゥこの野郎ッ!!!!』

 ドゥドゥサンドバッグを前に全身の血が滾るのを私は感じた。アドレナリンが全身を駆け巡り、筋肉という筋肉を呼び覚ます。強く打つ鼓動は大量の血液を身体に送り出し、瞬く間に戦闘態勢を作り上げる。

 身体は半身、左のジャブを出してから引く動きに合わせて体重を前に移動させる。同時に引く手に合わせて上半身を捻り、右手に身体の回転を乗せていく。拳は軽くだけ握る。まるで鞭をしならせるかのように右手を振る。まだ力は乗せない。ギリギリまで回転力を乗せていくのだ。肘が伸びきる直前、拳自体にもさらに回転を加える。

 打撃力とは則ち、伝達の結果だ。全身を使った運動から生じるエネルギーを拳へと伝達し、相手の肉体へと伝達する。その結果が相手に加える打撃力になる。

 拳に力を入れるのはインパクトの瞬間だけだ。瞬間、刹那、その見極めが打撃の威力を決定すると言っていい。これを逃せばそれは打撃ではない。ただ押しただけになる。打撃とは、この刹那に全てを合わせることで初めて成立する。

 その瞬間はすぐに来る。ドゥドゥサンドバッグ・・・狙いはばっちりだ。顎−−−−人間の急所の一つだ。正面からではない。やや右から、脳を揺らすように力を叩き込み、衝撃を与える。一撃だ。一撃を以て制する。

「ふっ!」

 声が漏れるほどに渾身の力を込めた一撃は、見事ドゥドゥサンドバッグの顎を貫いた。

 ぱん、という音と共にドゥドゥがふらっと倒れて、また起き上がってきた。それはそうだ。このドゥドゥは風船なんだから。

「お疲れ様ですー。お楽しみいただけましたか?」
「はい……」

 これでいい。これでいいのだ。私が倒すべき真の敵……真のドゥドゥはここには居ない……ゲームの中に居るッ!!

−−−−−−−−−−−そこで私は筆を置いた。

「ふぅ……」

 ため息を漏らして、麦茶を一杯飲む。この時期の麦茶は格別だ。

「さて……」

 膨らんだ妄想をたたんで、パソコンの電源を入れる。

「ドゥドゥ……」

 怨嗟の思いを込めて呟く。この敵だけは何度やっても慣れる相手ではない。だが、それでも私は決めている。

「勝つ方にベットするってな……」

 起動するゲームは勿論PSO2。これからも私は果てしない戦いに身を投じていくことだろう。
 それが、アークスというものだ。

b5bde0579c424536.jpg

※T305注/追記
…という訳で こちらがダウト記事でした!
「福岡に誰か行ってればVBで全ての会場を制覇してたのに」というだけで 
はるにゃんに無茶振りして記事を書いてもらいましたw
なかなかリアルなレポートに仕上がっていてびっくり。どうもありがとう!




札幌会場(札幌コンベンションセンター) 2014年7月26日(土)

   H-1.jpg リポーター:Hindra


北の大地からこんにちはー!
札幌会場からは私、Hindraがお送りいたします。

ななななんと、札幌会場にはVBを始めとしてよく一緒に遊んでいただいているチームの皆さんは誰一人いません!
(他の会場では誰かしらいらっしゃるのにずるい!)

というわけで、印象に残りやすいよう、名刺を作成して持って行くことにしました。

2014-07-25.jpg
(ホストっぽいとチーム内でも評判でしたが、実際お渡しした方々にもそう言われましたね・・・・・)

何はともあれ、知り合いがいないのなら当日作ればいい!という心意気の元、札幌会場に突入してまいりました。

会場には開場の45分前に到着したのですが、既に長蛇の列。札幌だから人も少ないだろうと思っていましたがそんなことはありません。

そしていよいよ開場。とりあえず参加者セット一式をもらい、ハガル交流スペースへ。やはり最初は物販コーナーへ人が流れるのか、交流スペースは人もまばら。早速何か書くか、と思ったものの思いつくのは例のヒゲのことばかり。ヒゲとの闘いにおける悲哀を書き残してきましたよ、はい。ハガルの他の皆さんといえば、結構絵を描かれる方が多かった印象があります。キャラとしてはイオが大人気でしたね。私ですか?私は式しか書けないのでちょっと・・・・

さて、せっかく来たのだからということで缶バッジガチャも回してきました。何回か回したのですが、目当てのハガルバッジは出ず。どうしたものかと思っていたところ、ラグズの交流スペースでバッジ交換会が行われているのを見つけ、さっそく参加してきました。(ゲッテムハルトとオーザが山盛りで♂臭いラインナップでしたね)
感謝祭のいいところは異なるshipのARKSとも交流できること。ここではラグズの方々ともお話出来ました。名刺も頂いて、楽しい時間を過ごせました。

この辺りからハガル交流スペースにも人が集まり始め、わたしもその集いに参加してきました。みなさん気さくな方々で、すぐに打ち解けることができましたね。
名刺も順調に捌くことができ、PSO2の話でとても盛り上がることが出来ました。(VitaでPSO2をプレイしていた方に武器強化しましょうよと焚きつけていたのは内緒)

そんなこんなで、いよいよおまちかねのEp3における調整内容のコーナーへ。それまで自由気ままにおしゃべりをしていた会場が静まり返り、皆が息を呑む緊張感は今でも鮮明に記憶しているところです。私の周りでもTeメインの方や、Huメインの方がたくさんいらして、皆さんどうなるんだろうとおっしゃっていましたね。
蓋を開ければ歓声の嵐。あの時のどよめきと歓喜の声は会場に居なければ味わえません。とにかく、感謝祭の中で一番の盛り上がりを見せたことは間違いないでしょう。我々も終始スタンディングオベーション状態でした。感謝祭に参加してよかった、そう強く思えた瞬間でもあります。

楽しかった感謝祭ももう締めの時間。時計は18時を過ぎていました。名残惜しくも、皆さんとお別れし帰路につくことになりました・・・・・が
丁度帰り道が同じだった方と夕食をご一緒することが出来ました!
感謝祭の余韻を味わうことができ、感謝の気持でいっぱいです。

長くなってしまいましたが、感謝祭のレポートはこんな感じです。
他の会場ではみなさん見知った方がいらっしゃったようですが、全くの0から始まるのも楽しいものなんだよ、ということが伝わればと思います。沢山の方々と触れ合うことができ、とても充実した感謝祭でした。来年もまたこのように集まれることを楽しみにしております。ありがとうSEGA!ありがとうPSO2!

2014-08-18.jpg


おまけ
感謝祭のほぼ一週間後、ゲーム内でオンライン集会を行う機会を頂きました。20人ほどの方々が参加され、再び皆さんと顔を合わせるいい機会でした。ゲーム内のキャラよりも先にプレイヤーの姿を知っている、という状況はなかなかおもしろく、新鮮でした。これからもゲーム内、並びにオフイベントなどでこのつながりを大事にしたいと思います。
それでは今度こそ。ノシ





名古屋会場(ポートメッセなごや) 2014年8月3日(日)

pso20140224_214932_019.jpg リポーター:リョータロー

こんにちは!リョータローです!

6月の東京感謝祭に行きそびれてしまい、「また来年だな・・・(´・ω...:.;::..」
としょぼくれていたところ、チームマスターが名古屋会場に出没するという噂を聞きつけ、
便乗する形で参加してまいりました!!

当日はウィスさんのほか、お隣さんチームおっさん農協のエラいひと、字幕屋さんと玲丹さんともご一緒!

IMG_0532(1).jpg
はるばる来たぜ名古屋!

実は名古屋を訪れるのはこれが初めて。
右も左も分からない大都会を前にうろたえる地方民(・ω・`;))三((; ´・ω・)キョロキョロ



IMG_0578(2).jpg
ここが会場の「ポートメッセなごや」だがや!


入場時にネームプレート入れ、うちわなど一式を受け取り!
IMG_0547(1).jpg


さっそく名前を記入!
IMG_0551(1).jpg
さあ出陣だ!


IMG_0548.jpg
ドーーーーーーーーーーーーーーーーン

IMG_0549.jpg
ババーーーーーーーーーーーーーーーン


会場入りしてまず目に飛び込んできたのは
他会場でもすっかりおなじみになった巨大オブジェ!
ヴォルさん、ギリアムも素晴らしいですが、ファルスアームの存在感が格別!!



その後プラプラと会場内を散策
いろんな設定画などが多数展示!
IMG_0572(1).jpg

IMG_0574.jpg

IMG_0570(1).jpg



交流ボード付近も大盛況。我々オーヴ統一戦線も名古屋にその足跡を刻んで参りました!
IMG_0553(1)(1)(1).jpg



個人的に初めての感謝祭&オフ会。
ゲーム内でお会いした人達と、リアルで喋ってる!!という感覚が不思議でなりませんでした!

今回はおっさんうさぎ勢は4名のみでしたが、
来年はみなさんとお会いするために、東京へも足を伸ばしたいな~
などと鬼の笑いそうな話をボンヤリ考えるりょっさんでした!!

現場からは以上です!!






決勝会場(有明コロシアム) 2014年8月16日(土)

リポーター:ウィス



という訳で、決勝会場を担当しますチームマスターのウィスです、こんにちは。

今回のメンバーは私とパパ、そしてかずさんです。

各会場のレポートからもお分かり頂ける通り、
チーム最多の三会場に参加して参りました。



東京会場で咄嗟に描いたVBうさぎも3匹目です。



我らがハガルのファルス・ヒューナルこと独テンさんとお会いするのも3度目w



前回名古屋でお会いした時は
新作としてエルダーペイン(抱きまくら)が実装されていましたが、
今回はダガッチャいました!

まぁしかし感謝祭もファイナルということで、
最後を締めくくるにまったく相応しくないどうでも良い会話しかしてないと言う通常運行ぶり。

パパ 「なんでリストバンドの色違うのかなぁ?」
かずさん 「色ごとに人数区切って把握してるんですね!」
僕 「前回までの余り全部持ち込んだんじゃね?」
かずさん 「そうかもしれない…」


このあとかずさんは階段から落ちました。

どうです?
最後だと言うのにこの内容の無さ!
それもそのはず。
諸事情(お察し)のため1時間しかいられなかったのです!
(実は後ほど雨宿りに戻って来て、ダミーさんにだけ別れを告げたのですが)

目的は果たしてるから問題ないし…。



(コミケの)ケバブ美味い。
決勝の雰囲気すら伝わらないレポートでしたね!


という訳で感謝祭のシメ!
ここからは個人的な書き方になりますが。

パパ、りょっさん、かずさん。
唯一二年連続の飛雪さん。
しゃちょー、りじちょー、おにいさん。
参加会場全てで会ったれにたん、独テンさん。
ダミーさん、はっかくん、フロちゃん、うらのちゃん、ブラーさん、フリーズさん、みそさん、海月さん。
Twitter、Tumblr、esと絡んでるのにゲーム内より先にリアルで出会ってしまったゆえきちさん。
来年もまたどこかの会場でお会いできるのを楽しみにしています!

残念ながら今年はお会いできなかった方々。
来年こそお会いしたいですね!

来年も感謝祭が開催されるように!
我々も一層PSO2を盛り上げていきましょう!

取り立てて何かする予定はないですが!

とりあえず来週に迫ったEP3を全力で遊び尽くします!

それでは、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウィスさんにビーフジャーキー餌付けされた感謝祭

感謝祭、お疲れ様&ありがとうございました!
一緒に幕張会場まわれて楽しかったです!
バーチャロンコラボが発表された時のパパと茸のあの興奮っぷりが忘れられないですww
来年も開催&会えることを祈って… まったね!===ヽ(。ゝω・。)ノ

/toge 焼肉行こうぜ!!!(おいしいお酒屋さんめぐりでもいいよ❤)

面白そう!

皆さん楽しそうでイイ記事ですなぁ。

感極まってるパパより最後に一言!

長い記事を最後までお読み頂き、ありがとうございました!

ひとつの記事を大勢で寄せ書き、というのは当ブログ初の試みでしたが、フタを開けてみたらそれぞれ違った見方で楽しさをリポートしてくれました。

友達と行くのはもちろん!
初対面との初顔合わせでも。
一人で飛び込んでも。
脳内で行っても(自宅でニコ生観てた人の数が一番多いんじゃないかな?)
感謝祭は楽しかったよ!というのが伝われば幸いです。

初回の東京会場を担当したため書ききれなかったのですが、決勝会場ではPSU時代に毎日遊んでいたフレンドと数年ぶりにバッタリ再会して変わらぬお互いを笑いあったり、PSO2で知り合ったばかり、一度パーティを組んだだけの方と偶然にもご一緒して閉会式までお話しながら観戦したりと個人的ではありますが大変繋がりを感じたイベントでした。

このような機会を設けてくれたゲームPSO2と運営及びイベントスタッフの方々とPSO2を通じて出合った/これから出会うフレンドの皆様に改めて感謝致します。

それではまた、次の感謝祭…いえオラクルでお会いしましょう!
Vorpal Bunny

Vorpal Bunny

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
メンバー個人ブログ
ハガルの愉快な仲間たち
投票
オフィシャルブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。